採用情報

新卒採用 / 通年採用 / パート・アルバイト採用

エントリー閉じる

新卒採用

AOKI・ORIHICA共通

通年採用、パート・アルバイト採用

メニュー閉じる

STAFFスタッフ紹介

1998年度入社 マネジャー下立 和美
1998年入社。AOKIでスタイリストとして店舗勤務を経験した後、2001年にORIHICAへ異動。2006年、ORIHICA初の女性マネジャーに就任。その後、二度の産休を経てマネジャーとして復職。現在も育児と仕事を両立しながら活躍中。

ORIHICA初の女性マネジャーとして
これからも道を切り開いていく責任がある。

― ORIHICAの「ここが好き!」というポイントをひとつ教えてください。

ORIHICAは比較的新しいブランドなのでまだまだ伸びしろがあり、そこで働く個人にも、もっと活躍の場が広がる可能性を秘めているところが魅力です。また、ORIHICAだけではなくAOKIホールディングス全体にチャレンジする土壌があるので、新しいことができる期待感を持って働ける会社だと思います。

― 仕事内容を教えてください。

店舗のスタッフが接客に集中できるように、目標管理やスタッフの教育といった事前準備をもれなくやること。これがマネジャーの役割だと思っています。私は出産で二度仕事から離れて、産休後に復帰しているのですが、子育てを経験したことで「人は何度も失敗して成長するもの」と考え、スタッフを見守りながら育てていくことができるようになりました。
現在は、お店は家族、スタッフ教育は子育てと思って仕事に取り組んでいます。頭ごなしに叱ったり、一方的に意見を伝えたりするのではなく、相手の話も聞いたうえで自分の思いをしっかり伝え、チームをまとめていくことがマネジャーの仕事ですね。

― 今後の目標を教えてください。

ORIHICA未出店のエリアも含めて日本全国に進出し、誰もが知っているブランド、誰もが手に取れる商品を実現することが目標です。とくにレディースはまだまだ伸びしろが大きいので、レディースの成長に貢献していきたいと思います。
個人的にはもう一つ、女性の働き方を確立したいという目標もあります。今、ORIHICAでは女性マネジャーが当たり前の存在になってきているので、これからは、産休制度や時短勤務制度を利用する女性マネジャーがどんどん増えていくはずです。また、育児が終わり時短勤務からフルタイム勤務に戻るというワークライフバランスの変化を経験する方も増えていくはずです。ORIHICA初の女性マネジャーを務めた私には、後輩の女性社員にとっての良い前例となり、しっかり結果を残して道を切り開いていく責任もあると思っています。

一覧へ戻る