本文へジャンプ
メインメニューへジャンプ
カテゴリメニューへジャンプ
フッターメニューへジャンプ

AOKIグループが大切にしていること

人生のさまざまなシーンで、人々の生命を美しく輝かせること――それを実現するために、AOKIグループは4つのテーマで“新たな可能性”を追求し続けています。

大切にしていること1 革新

お客様のお役に立つこと―革新はそこから生まれる。

Open

1985年、自社内で素材開発・商品企画・製造・流通、販売まで一連の流れで完了させる独自の「VMD(バーティカル・マーチャンダイジング)システム」を確立――これはAOKIグループの成長を支え続けている“常識を超える力”“既成概念を打ち破る力”を象徴するエピソードです。創業以来、“世の中のためになりたい”、“顧客満足を創造したい”という想いで「未知なる可能性」に挑戦してきたAOKIグループのDNAは、いまも時代を越え、領域を超えて、脈々と従業員の間に受け継がれています。

AOKIグループの革新の歩み

1985 独自のVMDシステム確立(AOKI)
1998 業界慣習を覆すカラオケ業態を展開
(コート・ダジュール)
ブライダル事業を展開(アニヴェルセル)
2002 信州大学繊維学部との産学協同研究を開始(AOKI)
2003 ファッション事業の新業態「ORIHICA」誕生
独自の複合カフェ業態を展開(快活CLUB)
2004 業界初の「スタイリスト制度」導入(AOKI)

大切にしていること2 おもてなし

お客様を想う心を育む―それが人づくりの原点。

Open

お客様の幸せの瞬間を、最高の「記念日」にするために――アニヴェルセルでは、ウエディングプロデューサーやシェフ、コンシェルジュ、サービススタッフなどがそれぞれの専門知識を結集し、おふたりが理想とする結婚式を提供しています。このようにAOKIグループでは、“お客様にご満足いただくことを追求する心”を基本とした人財を育成しています。そして、それが従業員一人ひとりのコミュニケーション力などの向上につながり、AOKIグループの“おもてなし”を創り出しているのです。

アニヴェルセル学習会の様子

AOKI学習会の様子

大切にしていること3 挑戦

郊外から都心まで全国へ―その挑戦が未来をつくる。

Open

2014年に、アニヴェルセルが日本最大規模の施設「アニヴェルセル みなとみらい横浜」を開業。そして、AOKIグループ全事業が、現在も“未開拓エリア”及び地域の特性に合わせた出店に挑戦し続け、2016年にAOKIグループの総店舗数が1,200店を超えました。

  • 緑色のエリアは、AOKIグループの出店地域を指しています
    (2016年3月31日現在)

大切にしていること4 次世代支援

社会貢献活動を通じて、次世代に豊かな心を。

Open

次世代を担う子どもたちを応援するために――2011年に「一般財団法人AOKI教育・文化振興財団」を設立し、学業・人物ともに優れ、意欲の高い中学生に対して奨学援助をしています。また、文化振興に貢献するため「AOKIグループハーモニーコンサート」を開催しているほか、地域のイベントやスポーツ振興なども支援しています。

人財育成/教育活動

平成の咸臨丸事業

平成の咸臨丸事業ロゴ

文化振興活動

第17回AOKIグループハーモニーコンサート(サントリーホール)

地域・スポーツ振興活動

第16回長野オリンピック記念長野マラソン